新兵



若苗の佇まいは何だか新一年生みたいで、いつ見ても「がんばれよ~」的な心持ちになるものです。
 
そんな願いを込めながら定植中にも、優雅にひらひらと舞うモンシロチョウ。
 
あー。やっぱ学生とか、そういうんじゃないわ…
すまなんだ。君らは、学徒じゃないね。
新兵だわ。
 
彼等の一割は、今週中に瞬殺です。
ここは甘酸っぱいギルナジウムなどではなく、虫たちの実弾が飛び交うオハマビーチか…ああ、切なし。
 

菜花



昨年度の残務放置も悪いことばかりではありません。
この時期に頻出する菜の花は、耕しちゃえば出てこない、いわば怠惰の産物。
何度もとれるので出揃えばバケツ一杯は出荷、もう一杯は僕の食用にまわります。
 
これと鶏ダシで作る汁パスタの中毒性がハンパなく、掃除機の如く食いまくっております。
おかげさまで肥満が捗るのなんの…
 

強引ネギ

20190414174707404.jpg


やろうと腰を上げれば天候不良。
こりゃ仕方ないね…などと調子づいてたら4月も中盤。やばい。
 
もはや座布団と一体化した下半身を引き剥がし、雨が来るまでひたすらネギの補植。
 
今年はネギ苗の調子が最悪だったので、あの手この手の裏技(クスリとかじゃないです)を駆使して、どうにか物量確保に務めております。上手くいくといいんだけど…

鍬入れ

20190410183316279.jpg
 
ご無沙汰しております。
 
昨年度の発送を終え、全力で更新をサボったまま気がつけばもう4月。
その間も新しい元号発表に始まり色んなことがありましたが、当方それらを横目にバイトの日々。
 
そうこうするうち、体は徐々にナマり始め…
さらには冬眠前のクマだっていっぱい食べるもの。いいよね…と暴食を繰り返し。
 
という訳で、毎年のことですが、
3月あたりにはすっかり「全然動けないヤツ」としてダラダラと日々を送っておりまして。
 
しかし非情にもカレンダーは時を刻み続け、気がつけば作付開始の時期。
グッタリと苗トレイにタネを蒔き、なんとなく昨年の残務処理を始め…
それでも体はダラけたまんま。ああ…だりい。
 
あれまあ。こりゃもう。
いよいよ今年はダメかしら。
 
…と思うのも毎年のことで。
 
この自堕落極まりないどん底から、どうやって通常モードに戻すかといいますと。
なぜか不思議と、「スイッチが入る日」というのがあるんですね。
ついさっきまで横たわっていたのに、ある瞬間からバネが伸びるように飛び跳ね、若干つんのめり気味に畑へダイブ。やおら鍬を振り上げ、
 
ザクリと。
 
そこで取り戻すんですね。
なんというか、こう、斬り結ぶ気分といいますか。
 
で、だいたいその日は気分にまかせ、ナマった体のまま延々鍬を振り続けます。
当然筋肉痛になるのですが、それもまた体育会系なゴキゲンといいますか。
 
なるほど、「鍬入れの儀式」というのは、確かにあるなあと。
昔の人の知恵は伊達じゃない。
 
よっしゃ。魂の充填も完了だぜと、火照るやる気で若干興奮気味に眠った翌日。


20190410183326592.jpg

…マジか。4月だぜ…


 


…さて。帰るか。コタツが待ってる。
 
(すみません。こんな幕開けで…皆様、今年度もどうぞよろしくお願い致します!)
 

2018年度 野菜セット発送終了のお知らせ

20190217164550964.jpg

もはや暖冬確定の2月下半期、皆様いかがお過ごしでしょうか。
現在、伊那谷の土も早々に凍結が終了し、「嘘だろ…?」とボヤキながら現在、早すぎるニンニクの草取りに励んだかと思えば寒いわ!と即時撤退。一時的な根性論と隙あらば怠けようとするピュアな真心とのせめぎ合いが続いております。

そんな中ですが…
先週告知させて頂いた通り、おかげさまで2018年度の野菜セットの発送は、先週をもちまして在庫終了となりました。
お付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございました!!!

毎年トラブル続きではありますが、今年度の栽培はひと味違ったトラブルとアクシデントが目白押しでした。
そろそろ慣れたころだと思っていたのに、初体験のトラブルが頻出。
かと思えば長年の懸案事項が(何の対策もしてないのに)シレッと解決していたり、これまで経験だと思っていたあれやこれやは何だったんだ!!と天を仰いだことも一度や二度ではありません。

ただ、翻弄されることには、少しづつ慣れてきました。

時が経つごとに、どうにかなることに比べて、どうにもならないことがどんどん増えてゆくのを実感しています。

やさしい世界を作りたかったはずのナチュラリストたちが、気がつけば「総括せよ!」と誰かを指差している、そんな様子を横目で見ながら、それでも己にあるのは不足の穴ぼこだらけで…
やむなく全方位的に謝りつつ、それでも、あまり人に求められないダメな栽培を、おそらく来年度も続けることになると思います。

言い足りないので繰り返しますが、重ね重ね、ありがとうございます。
今年度も、生き延びることができました。
よろしければ、また、お付き合い頂けると、本当に嬉しいです。



…そういえば、どうでもいい話なのですが、
最近、自分の野菜を自分で調理することが増えました。
改めて口にしてみると、もう、イヤになるくらい自分だな、と。
半ばあきらめのような、それでもまあ、安心するような。

雑多で、よくわからなくて、奥底でずーーーっと駄々をこねている。
思うことが多すぎてバラバラで、大きな声で言えるような自信がひとつもない。だから、全ての要素が矛盾でひしめきあって、パンパンになっている、そういう野菜でした。

それが美味いのかどうか、もはや自分にはわかりません。
ただ、もし、出来ることならこの、自分の分身みたいな野菜を食べ続けて、そうやって順調に衰え、先々、いずれ終わるのであれば、きっとそういうのが一番なんだろうな、と、ぼんやり思います。

…あー、我ながら呑気なこと言ってんなあ。
でも、どうにか来年度もまだ、この困惑に満ちた栽培を続けたいと思っております。

仮にもし、お待ち頂いている方がいらっしゃれば…
来年度の収穫までの間、どうか健康な日々をお過ごしください。

心から、皆様のご多幸をお祈りしつつ(いや、マジで)、
来たるべき春に備える所存です。
ありがとうございました!!!!!!



ねつ野菜 根津喜明


※来年度の発送開始は、6月上旬からを予定しております。
状況は随時、このメールやフェイスブック等で発信致します。ご不明な点はいつでもお問い合わせください。